4月17日 ねむいよね

先週の日曜日に『あのこは貴族』を観た。

観たいと思ったきっかけはツイッターで「みんなだいすき文化資本の話」と評されているのを見かけたから。そのツイートみて「文化資本がテーマなのか〜、気になるな〜」と思ったのが先で、水原希子門脇麦シスターフッド、という話を聞いたのは後だった。あと小道具がすごいらしいという噂も事前にちらっと聞いてた気がする。なんとなくいい感想しか流れてこなかったので1か月ぐらい観たいな観たいなとじりじりしていて、4月になってからようやく観に行けた。

しかし映画館に着いてからちゃんとキャッチコピーを読んだら「同じ空の下、私たちは違う階層(せかい)を生きている」と書かれていて、映画観る直前になって「どういう話なんだ…!?」とうろたえてしまった。このキャッチコピー、観終わったあとに読むと「まあそうだな」となるけど、観る前の人に与える印象を考えるとあんまりしっくりはこないな。

本編はすごくよかった。わたしはいま「シスターフッド」という言葉の意味を、もっといろいろ観たり読んだりしながら具体的なイメージにしていきたいなと思っているところで、その途中でこの映画を観られて本当によかった。

わたしは観ながらすぐ美紀と里英を好きになって、ああいう関係をシスターフッドと呼ぶんだろうなと思った。けど華子と美紀の、関係性と呼ぶには希薄な出会いのなかで、伸ばせるだけ手を伸ばした結果としての連帯も絶対にそこにあった、のを見た。友達や家族みたいな近しい距離の相手とだけではなくて、家柄も境遇もまったくちがう相手、しかも元カノと今カノの関係のあいだで連帯がうまれうる、というのを希望だと思った。閉塞的な世界の話ばかり立て続けにされたのに観終わったあとに視界がひらけたような感じがあった。これから先、この映画をもう一度観たいなと思うことがまたあるような気がする。

 

 

今日は母と『騙し絵の牙』を観た。母、開始数分で爆睡してて大丈夫かと思ったけど、面白かったと言ってたのでよかった。わたしは宮沢氷魚くんが似合う役をやっている姿をみられたので満足。

映画館の行き帰りの車のなかで母とたくさんしゃべった。最近の千鳥とかまいたちは強すぎるの話、車の買い替えを考えている話、いとこ三姉妹と祖父が微妙な関係になっている話、遠方に住んでるほうの祖母がひ孫を見たがっている話、今年はいとこ4人が受験生で多いねという話など。

3月31日 6番の自転車で

f:id:nauhamo:20210331230013j:image

3月末日の銀行と郵便局の駐車場なんて停めれるわけね〜ので仕方なく坂だらけの町をチャリで走り回り、春を満喫。

 

帰宅後、彼女に5分間だけ電話したいとおねがいして仕事の愚痴をいったり、海外旅行に行きたい話などをして結局30分近くしゃべった。旅行にでかけたいな、べつにいますぐにとは言わんから〜… そのうちでいいから…

 

明日は早起き。寝る。

3月30日 煩悩

3月はじまったぐらいから麦茶にハマっている。ハマっているといってもコンビニでなんか飲みもの買うときに率先して麦茶をえらぶ程度のもので、自分で淹れるとかそういうことはしていない。今のところそこまでハマれてはいない。家族共用のやつに麦茶パック入れたり水入れたりするぐらいはするけど麦茶を「淹れる」の領域にはまだ差し掛かっていない。

 

日曜に彼女とLINEで電話をしていたところ、麦茶ばっかり飲んでるの話から派生してスタバのオーツミルクの話になった。アーモンドミルクだってそこはかとなくアーモンドの味するしオーツミルクもオーツの味がするんでないか。みたいな感じだったと思う。いまスタバでオーツミルクラテが飲めるので、飲んでみたいね〜という話をした。

 

月曜日、仕事でぐったりつかれて帰ってきたことをLINEしたら、彼女からLINEギフトでスタバのチケットが送られてきた。なんかLINEの回し者みたいな文章になってしまったな。この時期に。

おつかれのときのLINEギフト差し入れはわたしも彼女にやったことあるけど、もらう側になるとなんかこう、じわっとうれしいものがある。LINEギフトをちみちみ操作して、ものをえらんで送って、をしてくれることがうれしい。その夜はうれしい気持ちのままネルノダ飲んで寝た。

 

そしてようやく本日火曜日の朝の話なんだけど、けさ、彼女とそれはもういちゃいちゃする夢をみた。えっ公衆の面前で、そんな、まじか……?急にどうしちゃったんだ……?という夢だった。うろたえるわたしと前のめりな彼女、なかなか普段の我々からは想像できない攻防で、たいへんいい思いをした。

問題はこれが寝る直前にLINEしたりギフトをもらったりしたからなのか、ネルノダの効能の一種なのか、あるいは仕事で疲れていたせいなのか、まったく検討もつかないところだ。毎日この夢がいいんですけど。

 

LINEギフトで釣れたと思われると恥ずかしいので本人には言っていない。

 

3月22日 集合と解散

退職される先生のコンサートが開かれるというので楽しみにしていたけどミーティングとかぶってしまい、ラストの写真撮影だけ参加してきた。フルートも琴もピアノもこどもたちの演奏も聴きたかったな。残念。

部署ミーティングのあと、べつの会議にも出た。そこでも3月末らしくお別れの挨拶を聞いた。

とくになんの感傷もないことがさびしい、と思うことのほうが多いかもしれない。

3月21日 パッタイ

f:id:nauhamo:20210322220639j:image

彼女がパッタイにハマっている?のか?しばしば食べたがっているのでわたしも無印でパッタイのもと買ってきてつくった。

タイ!みたいな味があまり得意でないのでおいしく食べられるかな〜と思ったけど、とてもおいしかった。にら多め、正解。

3月20日 ペンキだ

今週は積立金〆のための待ちの残業でぐったり。

 

今日は祝日に集まり6人でペンキを塗った。

当初は5人でやる予定だったが、中学生のお子さんを連れてこられた方がおり、その子がとてもペンキ上手で進みがよかった。ありがたや。

昼間は中華の出前をとった。わたしはいつも五目焼きそばかチャーハンなんだけど今日は趣向を変えて揚げ焼きそばにした。揚げ焼きそば、プリッツぐらい太くてかたくてばりばりの麺に、どんぶりなみなみのあんかけで、量もすごいし食べづらさもすごい。べつの器に移し替えつつ、なんとか無理して完食した。あんかけ、おいしいけど飽きやすい。

なみなみのあんかけのインパクトがすごくてずっとわらわれてしまった。中学生の子、わたしのことを絶対に揚げ焼きそばの人と覚えただろうな。

総合的に食べづらいからリピはないですけど揚げ焼きそばをたのむ人、というキャラづけ自体はわるくないと思った。リピはないですけど。